小冊子配布のご案内|函館法人会

主催 (公社)函館法人会
下記の冊子を会員の皆様に無料で配布いたします
「消費税インボイス制度直前準備ガイド」
※6/16開催の研修会で使用したテキストと同様のものです
 消費税のインボイス制度が、本年(令和5年)10月1日に開始します。
インボイス制度とは、国税庁に登録した事業者が課税売上げについて登録番号を記載した請求書等(インボイス)を交付し、買手は、インボイスを受け取った場合に限り仕入税額控除が可能になるという制度です。
 この制度変更は、事業規模の大小にかかわらず全ての事業者に影響する、消費税始まって以来の大改革です。事業者には事務負担が増加するのみならず、実質的な税負担が生じることも想定されます。
 制度を正しく理解して、来るべき日に備えなければなりません。本冊子がその一助となれば幸いです。
●内 容 1.消費税の仕組みについて知ろう
 ①そもそも「消費税」とは? ②消費税の税率 ③課税事業者と免税事業者
 ④消費税の申告と負担
2 .一般課税と簡易課税
 ①仕入税額控除とは? ②一般課税とは? ③簡易課税とは?
3 .インボイス制度の概要について知ろう
 ①事業者登録制度と仕入税額控除の要件 ②インボイスとは?
 ③簡易インボイスとは? ④返還インボイスとは?
 ⑤電子インボイスとは? ……他2項目
4 .免税事業者はどのように対応すべき?
 ①免税事業者は登録できない ②インボイス制度開始から6年間の経過措置 
 ③小規模事業者に係る税額控除に関する経過措置(2割特例) 
 ④免税事業者は課税事業者を選択して登録するべき?  ……他7項目 
5 .課税事業者(売手)としてどのように対応すべき?
 ①登録申請期限は令和5年9月30日 ②登録を拒否されることはある?
 ③登録が取り消されることはある? ④登録情報は公表される
 ⑤登録を完了したら顧客へ連絡しよう
 ⑥インボイス発行事業者にはインボイス交付の義務がある ……他6項目 
6 .課税事業者(買手)としてどのように対応すべき?
 ①帳簿の保存 ②インボイスの保存 ③保存期間は7年間
 ④インボイスの保存がなくても仕入税額控除ができる特例
 ⑤毎月支払う家賃についてもインボイスの保存が必要
 ⑥仕入業務を委託した場合はどうする? ……他6項目
7 .小売業者必見!納付すべき消費税額の計算方法
 ①売上税額の計算方法 ②仕入税額の計算方法 ③計算方法の組み合わせ
 ④小売業者等の消費税額等の端数処理
 
●配布方法 ①法人会事務局へ直接お出で下さい。又は
②郵送を希望される場合は下記の申込書と84円分の切手を同封の上郵送でお申し込み下さい。
③お電話、FAXでのお取り置きはいたしかねますのでご了承願います。
また、本冊子は1社につき1冊までの配布とさせていただきます。
(過去に配付している冊子でご希望があれば、3冊まで84円分の切手で送付させていただきます)
※お問い合わせ・郵送先
040-0001 函館市五稜郭町16-13
函館青色会館3階(公社)函館法人会
TEL(0138)54-9369
※6/16の研修会で使用したテキストと同様のものです。
TOPへ
 ご案内チラシ(PDF)