小冊子配布のご案内|函館法人会

主催 (公社)函館法人会
下記の冊子を会員の皆様に無料で配布いたします
「良い人」が会社に残る
「中小企業のための人材定着」実践ノウハウ
 最近では、人材難などの影響もあり、採用の問題がク口ーズアップされる機会が増えてきましたが、採用と同じく、もしくはそれ以上に注目されているテーマが「人特定着」jです。
 厚生労働省の発表によると、新規学卒就職者(大卒)の3年目までの離職率は、平成8年3月卒業者で33.6%、平成18年3月卒業者で34.2%、平成27年3月卒業者で31.8%とほぼ横ばいです。
 にもかかわらず、最近になって、これほどまでに人材定着が注目されているのは、やはり「採用難の
時代」であることが影響しています。
 人材を採用しようとするとき、企業は、インターネットの求人サイトや求人情報誌に求人広告を
出したり、人材紹介サービスを活用することが多いと思います。
 しかしながら皮肉なことに、採用関連サービス会社は人材が定着しない方が儲かる仕組みなので、定着に関する支援や情報提供等に力を入れている会社はほとんどありません。
 そのため、企業は自ら人材定着のための施策を実践していかなければ、求人のためのコストはもちろん、育成に関する時間も浪費していくことになります。
 そこで、本冊子では、あなたの会社に人材が定着するために、必要なノウハウを解説します。本冊子が、貴社の人材定着施策を見直して実賎し、ご事業を発展させるきっかけとなりましたら幸いです。
●内 容 Ⅰ 今すぐ会社の方向性を明確にしよう!
 1.【離職理由】なぜ会社に残ってほしい社員ほど会社を辞めてしまうのか
 2.【経営理念】朝礼で唱えるだけでは意味がない
 3.【経営計画】会社の将来像が見えないと社員は不安になって辞める
Ⅱ 社員の立場になって考えてみよう!
 4.【担当業務】やりたい仕事とさせたい仕事、どっちを担当?
 5.【異動・配置】本当に、社員はみんな管理職を目指すべきなのか
 6.【出戻り制度】辞めて帰ってきた社員こそ定着する
Ⅲ 長期勤務を推奨するなら休めることはとても重要
 7.【残業】口だけの残業削減は現場を疲弊させる
 8.【休日・休暇】「うちの業界では当たり前」という感覚を疑おう
 9.【有給休暇】気難しい上司には有給休暇を申請できない
Ⅳ 定着に必要なのは賃金がただ高いことではない
 10.【賃金制度】生活費が足りなければ辞めるしかない
 11.【福利厚生】奇抜な福利厚生制度で気を引くのはやめよう
Ⅴ 定着もやっぱりコミュニケーションが大切
 12.【管理職育成】お酒が嫌いなのか?上司が嫌いなのか?
 13.【評価制度】納得できない人事評価では長く働くことはできない
 14.【コミュニケーション】ITやAIが全盛の時代でも、直接話し合おう
 
●配布方法 ①法人会事務局へ直接お出で下さい。
②郵送を希望される場合は下記の申込書と120円分の切手
(1冊でも金額は同じです)を同封の上郵送でお申し込み下さい。
③お電話、FAXでのお取り置きはいたしませんのでご了承願います。
また、各冊子は一社一冊づつの配布とさせていただきます。
※お問い合わせ・郵送先
040-0001 函館市五稜郭町16-13
函館青色会館3階(公社)函館法人会
TEL(0138)54-9369
TOPへ
 ご案内チラシ(PDF)